HOME > 自然葬

永代供養付個別墓の詳細

写真 当山の永代供養の特徴は「個人墓」と限りを尽くしたご供養 にあります。一般的な永代供養では、合葬での埋葬という場合がほとんどですが、当山の永代供養は「五輪塔墓」や「洋型墓」といった、後世へと残る完全な個人墓へ埋葬いたします。 親戚・友人など、いつでも誰でも墓参に訪れることができます。
※お寺が続く限り永久にお護りします。一定期間後に散骨や合葬することはありません。
また、供養を一貫してお任せいただきますので、遠方の方もご相談ください。当山では遠方の施主様へは各回忌法事の様子などを、法事厳修後写真にて報告しております。

永代供養とは

責任をもってお寺が御供養いたします。

通常先祖供養というものは、各回忌法事などの際に施主が寺と相談し日程を決め、準備などを行い、家族・親族が集まって法事を厳修します。しかし、核家族化、少子化が進む現代では、容易にできないのが現状です。自分の亡き後、供養はどうなるのか…とご心配される方が多くなっております。そこで、生前に亡き後の供養全般を寺に依頼し、布施を一括して志納するのが、永代供養です。現代の家庭環境に合った供養です。もちろん、 法事は家族・親戚の皆様で参列していただけます 。法事日程の調整も可能です。(通常と変わりません)

▼以下のような方におすすめです
・自分の亡き後、家族や親戚に負担をかけたくない
・夫婦・友人など2人だけで一つの墓地に埋葬されたい
・ 身寄りがなく、亡くなった後のことを頼む人が居ない

可能な限りの手厚い供養

▼33回忌まで以下のご供養をいたします。

・49日忌・百ヶ日忌・新盆・1周忌・3回忌・7回忌・13回忌・17回忌・23回忌・27回忌・33回忌の法事
 (一般檀家の方が行うのと同様な個別の法要を行います)
・上記回忌時に塔婆供養・供花・供物
・祥月命日のご回向・塔婆供養(経木塔婆)
・毎年1回 盆供養(施餓鬼塔婆建立)
・毎年1回 春・秋の彼岸合同供養にて回向
・毎年2回 墓地への供花・線香/毎月1回

▼その他以下が含まれます。

・生前戒名授与(通常戒名)
・年会費(護寺会費) /永年分
・納骨・墓誌戒名彫刻
・位牌壇へ安置する位牌・本尊(木造大日如来像)
※33回忌以降も盆・両彼岸・暮など定期的に清掃・供花・供香はいたします。

ご志納額

区画 面積 納骨数 価格
(A)本堂横 75cm×90cm=0.67u 6霊まで 200万円(2霊分)
(B)本堂階段横 75cm×75cm=0.56u 6霊まで 210万円(2霊分)
(C)北墓地 50cm×70cm=0.35u 4霊 130万円

以後追加1霊につき、永代供養料=50万円

(注意) 上記金額は葬儀または火葬後、49日忌法事〜33回忌の法事までの32年間分の費用と戒名授与、全てを行う場合です。既に回忌が済んでいる仏様や戒名が授けられている仏様の場合、費用が大きく異なります。詳細はお問い合わせください。

墓石の種類

▼洋型

(A)本堂横
(B)本堂階段横
(C)北墓地

 

▼五輪塔型

(A)本堂横
(B)本堂階段横
(C)北墓地

▲ページトップに戻る